プリントはオリジナルTシャツ以外にポロシャツやユニフォームにも

最新記事一覧

洗うときに気をつける

男性

色落ちには気を付けましょう

オリジナルTシャツを作成する際には色落ちをしないのかしっかりと作成前に業者に確認をする事も重要な作業になってしまいます。色落ちはなるべく無い方が良いです。自分で着用する際にもない方が良いのですが、販売をする際には絶対にあってはならない事になってきます。色落ちをしてしまう事によって、そのTシャツを使用する事が出来なくなるだけではなく、自分の他の服にも色がうつってしまい、他の服も着る事が出来なくなってしまうと言う場合も十分にあるのです。オリジナルTシャツの色落ちが原因で自分の服を着る事が出来なくなってしまうとなってはオリジナルTシャツを作って大きな損をしてしまうと言う事にもなりますので、注意が必要です。

色落ちの確認をしましょう

販売の場合には大きなトラブルになってしまう事も考えられます。オリジナルTシャツの色落ちが原因で、他の服も使用する事が出来なくなってしまった場合には非常に大きなトラブルになってしまう事があります。一緒に洗濯をしてしまった服の代金まで弁償をしなくてはならないと言う事も出て来るので、オリジナルTシャツの色落ちに関してはしっかりと調べるようにしましょう。業者の方が色落ちの心配はないと言っても自分の目で確かめてみる事が大切になってきます。わざわざ洗濯機を使用しなくても水につけるだけでオリジナルTシャツの色落ちを確認する事が出来ます。数分あれば行う事ができる作業なので、確認も兼ねて行なうと良いでしょう。

オススメ記事

テンプレートで簡単

ポロシャツ

ポロシャツの作成にあたって、テンプレートで簡単にできるということは見逃せない特徴です。デザインをするのが苦手でも、入力したい文字をどのように入力するかを伝えることで、簡単に狙い通りの一枚を完成できます。

全年齢対応型商品

サッカー

サッカーユニフォームをオーダーするのは、全年齢対応型商品として販売されていると知れば、キッズチームにも使えるとわかります。インターネットを通して注文することもできるため、万人に有用なサービスです。

製品の変化

衣服

オリジナルtシャツにプリントを施すのは、比較的以前から行われてきていたことです。現在ではデザインが幅広くなっていること、できる手法が増えていること、そういったところに注目すると、製品の変化が見えてきます。